益田七尾まつりは、明治16年より行われてきた益田地区最大のお祭りです。
毎年11月3日の文化の日に開催しています。

令和2年の益田七尾まつり中止のお知らせ

令和2年11月3日に開催を予定しておりました、益田七尾まつりは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、中止が決定いたしましたのでお知らせいたします。

開催を楽しみにしていただいておりました皆さまには大変心苦しい決断となりましたが、何卒ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

益田大行司・小行司(通称大小行司、益田天満宮大小行司、現「益田七尾まつり」)は益田市益田地区の年間最大行事であり、令和元年は第百二十九代目にあたり約130年の伝統をもつ文化的行事です。

大小行司は菅原道真(すがはらみちざね)公を尊敬する人々の念願から起こった行事です。菅原道真が大宰府へ配流の途次、藤原時平の刺客に襲われた時、道真を警護して安全に送ったという話を、山口県防府市の天満宮の祭事にとり入れた。この時の警護の主役二名が大行司・小行司ですです。

防府天満宮菅原道真(すがはらみちざね)公を祭った「天満宮神社」に多く存在する行事。
益田近辺では、真砂(まさご)町の波田天満宮に防府天満宮と同じく江戸時代からあった。
益田天満宮では明治16年に防府天満宮の行事を移入して始まり130年続いている。
大小行司の行列には、やっこ・先乗・大行司・小行司等が練り歩いた。

 菅原公が筑紫への配流の途次、防府宮市に宿泊した時、政敵藤原時平の内命を受けた刺客が彼の身辺に肉迫した時、従者の告によって悟った菅原公は未明に寝所から起き上がり大宰府へ向かって逸走した。
 その際、菅原公の警護役は狼狽の余り、竿に掛けたままの装束を咄嗟に着て御伴したという伝説に基づいたもので、大小行司は菅原公往昔の遭難説を追懐するため防府宮市の地区民によって後世執行するに至った地方行事であった。
 この行事中には参勤交代当時の大名行列を多分に加味して居ることから、江戸時代以降に始まったものらしい。

大小行司の行列には、やっこ・先乗・大行司・先乗・小行司の順で神幸行列の前を練ることになっている。やっこの手には往借の大名行列そのままの鳥毛・笠槍・長持・挟箱・弓矢・太刀・草履等を携えて並び、それに伴う唄として宿入りを歌う習慣を持っている。

益田天満宮における初代の大行司を勤めたものは、大行司を防府宮市から移入したと言われている益田島田家の先々代島田弥三郎であった。二代から四代までは遠田出身の者であった。

 

 

大小行司益田七尾まつりは、通称大小行司(益田天満宮大小行司)と呼ばれ親しまれている益田市益田地区の年間最大行事であり、令和元年は第百二十九代目にあたり約130年の伝統をもつ文化的行事です。毎年11月3日文化の日に開催しています。近年は、益田地区自治会連合会を中心とした組織「生き生き益田の会」が実行委員会を毎年結成して準備等を行っています。

大小行司は菅原道真(すがはらみちざね)公を尊敬する人々の念願から起こった行事です。菅原道真が大宰府へ配流の途次、藤原時平の刺客に襲われた時、道真を警護して安全に送ったという話を、山口県防府市の天満宮の祭事にとり入れた。この時の警護の主役二名が大行司・小行司ですです。

菅原道真(すがはらみちざね)公を祭った「天満宮神社」に多く存在する行事。
益田近辺では、真砂(まさご)町の波田天満宮に防府天満宮と同じく江戸時代からあった。
益田天満宮では明治16年に防府天満宮の行事を移入して始まり120年続いている。
大小行司の行列には、やっこ・先乗・大行司・小行司等が練り歩いた。

 

 菅原公が筑紫への配流の途次、防府宮市に宿泊した時、政敵藤原時平の内命を受けた刺客が彼の身辺に肉迫した時、従者の告によって悟った菅原公は未明に寝所から起き上がり大宰府へ向かって逸走した。
 その際、菅原公の警護役は狼狽の余り、竿に掛けたままの装束を咄嗟に着て御伴したという伝説に基づいたもので、大小行司は菅原公往昔の遭難説を追懐するため防府宮市の地区民によって後世執行するに至った地方行事であった。
 この行事中には参勤交代当時の大名行列を多分に加味して居ることから、江戸時代以降に始まったものらしい。

大小行司の行列には、やっこ・先乗・大行司・先乗・小行司の順で神幸行列の前を練ることになっている。やっこの手には往借の大名行列そのままの鳥毛・笠槍・長持・挟箱・弓矢・太刀・草履等を携えて並び、それに伴う唄として宿入りを歌う習慣を持っている。子ども奴2018

益田天満宮における初代の大行司を勤めたものは、大行司を防府宮市から移入したと言われている益田島田家の先々代島田弥三郎であった。二代から四代までは遠田出身の者であった。

サブカテゴリ

益田七尾まつりは、明治16年より始まり、今年で129回目を数えます。昭和18年の大水害のとき中止したが、戦前戦後もまた昭和初期の大不況にも、絶えることなく伝統行事を守り続けた地元の熱意は特筆すべきことであると思います。石西地方の一大盛儀と呼ぶにふさわしく、益田地区を中心とし吉田・高津・益田市の農村地域(津田・鎌手・北仙道・横田・中西・美濃)をはじめ東は三隅町・美都町、西は山口県東部から大小行司の奉仕がありました。

kifu2017 1益田七尾まつりは、明治16年より始まり、今年で129回目を数えます。昭和末頃までの長い間、多額の行事費(200~500万円)は、大小行司本人・親戚・知人・後援者団体が一方ならぬ努力をして募金し行事を執行したと言われています。しかし近年、時代の推移、思想の変遷と共に、多額の財政負担と運営執行の心労などの関係上、大小行司の奉仕者が容易に得られない状態となりました。そこで益田地区自治会連合会の元会長の大石三七雄氏はこれを深く憂慮し、大小行司保存会を組織し、益田地区民の連帯意識を盛り上げて、保存会が責任を負うて募金し、行事を運営することにしました。現在は、大小行司保存会を「生き生き益田の会」と改め、生き生き益田の会が主体として益田地区に縁故のある企業等や益田市区内の自治会より寄付をいただいて運営しています。